>

この頃に治療を開始しよう

気づくのが難しい理由

虫歯になったばかりの頃は、まだ穴が開いていません。
少しでも穴が開いてしまった場合は、初期の虫歯とは言えなくなります。
舌で歯を触っても表面がツルツルしており、自分で虫歯になっていると気づくのは非常に難しいです。
さらに、痛みを感じないというのも初期の虫歯の特徴でしょう。
これは穴が開いておらず、歯の神経が刺激を受けないことが原因です。

痛みが全くないため、肉体的な負担を感じません。
日常生活に悪影響を及ぼすことはありませんが、悪化すると徐々に痛みを抱くようになります。
負担を削減するためには、虫歯に早く気づくことが大事だと思ってください。
とにかく穴が開かないうちに治療を開始できるよう、自分でもチェックしましょう。

表層下脱灰が起こっている

唯一目で見える症状として、歯の表面が白く濁ることが挙げられます。
これは白濁や白斑と呼ばれており、歯垢がついていると勘違いする人も多いので注意してください。
鏡を見ながらよくチェックすることで、専門的な知識を持っていない素人でもわかります。
気になる人は、定期的に歯を確認しましょう。

これは、歯のエナメル質の脱灰現象が原因です。
もっと専門的に言うと、初期の虫歯では表層下段階という症状が起こっています。
表層下とは歯の内部のことで、つまり歯の中でエナメル質が溶けている症状のことを指します。
さらに虫歯が悪化すると歯の内部だけでなく、表面のエナメルまで溶けるようになり、穴が開くなどの症状が見られるようになります。


この記事をシェアする