>

ブラッシング指導などの治療

正しく歯を磨けるように

虫歯になってしまうのは、普段の歯磨きで磨き残しが出ているからです。
そのままでは虫歯が増えたり悪化したりするので、医師から正しいブラッシングの方法を聞いてください。
ブラッシング指導を受けることが、初期の虫歯の治療に繋がります。
さらにブラッシング指導では、唾液が持っている効果について詳しく聞くことができます。

実は唾液にはすごい効果があり、口内を殺菌したり、自浄したりする能力があります。
うまく唾液を分泌できていれば、虫歯菌が口内に侵入した場合でも除去できるので、虫歯になることはありません。
しかし中には、唾液の分泌量が少ない人が見られます。
それはなぜなのか原因を聞き、唾液の分泌量を増やせるよう努力しましょう。

クリーニングをしてもらう

長い間口内に汚れが残っていると、歯垢や歯石になって固まります。
その状態になると、どんなに丁寧にブラッシングをしても落とせません。
歯医者で、クリーニングを受けて綺麗にしてください。
さらに初期の虫歯に最も大きな効果を発揮できるのが、フッ素を塗ることです。
フッ素を塗ると、脱灰している歯の再石灰化を促すことができます。

バイ菌や汚れが歯に付着することも防げるので、フッ素には豊富なメリットがあると覚えておきましょう。
フッ素を塗った後は、いつも以上に歯を丁寧に磨くよう心がけてください。
強い力を入れて磨くと、フッ素のコーティングが剥がれて効果を失ってしまいます。
優しく擦るだけでも汚れは落とせるので、力加減に注意しましょう。


この記事をシェアする